タグクラウド1

TOP  >  日記(d3diary)  >  なーおなーお  >  オーディオ  >  [Audio製作]3D-subako最終形完成

なーおなーお さんの日記

 
2006
6月 23
(金)
16:41
[Audio製作]3D-subako最終形完成
本文

 いよいよ明日に迫ったstereo誌スピーカーコンテスト本選。 今日は最終の煮詰めの日です。

Subakoside2 「巣箱」君としての外観を整えるため、塩ビ管部分を木の幹に似せた木目調の壁紙を貼りました。
 ユニット固定ボルトを、+小ねじから黒染めの六角孔付ボルトにしたかったのですが、地元のホームセンターにはありませんでした。(涙) ・・仕方ないので、マジックで黒く塗ってみましたが、まあこれでも良いかな。。


 さて、音のほうですが、昨日秋葉原でフェルトと鉛テープを仕入れて来たのですが、フェルトを入れてみたものの、音のスピード感が落ちて重心が上がった感じになってしまい、取り去ってしまいました。 結局、空気室内は吸音材ゼロです。
 ・・但し、以前から使っていた秘密の拡散材が入っています。 これについては、また後日のお楽しみということで。 ピアノの右手高音部分の定在波・共鳴防止に寄与しています。

 下部ディフューザーの形を更に削って整え、水性クリアラッカーを重ね塗り。 細かいところを微調整して、完成です。
 改めて聴いてみると、かなり完成度の高い音質バランスになりました。 私の部屋とCDプレーヤー、そして自分の耳が力不足で、これ以上の煮詰めはとても困難なレベルまで来ていると感じます。
  吸音材ゼロのショートホーンによるスピード感のある中低域と、スパイラルホーン独特の中域輻射によりFE88ES-Rがドライになりすぎず、厚みのある ボーカルやギター、チェロなどを奏でます。 そして低域を40Hz弱までバスレフで補強されているため重心が上がることもなく。

 自分でできることは全てやりました。 臆することなく、方舟に乗り込めます! 結果はどうあれ、皆さんに聴いていただくことが喜びです。 おそら く方舟では低域がだら下がりになって不足するとは思いますが、それは仕方のないこと。 それより何より、自分が人に伝えたい音が出せれば満足です。
 もっと言っちゃうと、3D-スパイラルが今以上に認知される機会になれば、なんて偉そうなことも思っています。

 では、行って参ります。

閲覧(496)

コメント一覧

投稿ツリー


「集まれ塩ビ管スピーカー」の管理人 サイトURL  投稿日時 2006/6/23 17:37
カッコイイッ!!グランプリ決定!?
お気を付けて行ってきて下さいネ!
新三郎@ま2   投稿日時 2006/6/23 20:50
美しい仕上がり!

いよいよ出撃ですね。
お付き合いしたかったのですが、
私も明日はヘビーです。
ようやく準備完了?
なーおなーお  投稿日時 2006/6/23 21:20
「集まれ塩ビ管スピーカー」の管理人さん、
新三郎@ま2さん

皆さんの分まで、しっかり聴いてきますからね~。 楽しんできまーす。
ワタヤン   投稿日時 2006/6/24 9:08
今は移動中かな?

現場はどんな感じかなア
なんか人ごとながらドキドキ・・・

幸運を祈ります。




日記投稿者リスト1

OpenIDログイン

ログイン


ユーザー名:

パスワード:




パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(8 テーマ)

カテゴリー1

カレンダー1

«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月表示1

新着日記1

新着コメント1

友人リスト1